menu

髪は男も命では?

散らばっている錠剤

自毛植毛の歴史

植毛というのは、我々のあまり身近にあるものではないかもしれません。
実際に植毛にお世話になるには若すぎる場合もありますし、そうでなくとも高価であるがゆえに敬遠している方も多いのではないでしょうか?

しかし、植毛というのは我々の尊厳を守るために開発された技術と言っても問題ないほどに崇高なものなのです。
中でも自毛植毛というのは本当に素晴らしく、自分の髪の毛を使用するためにそこに拒絶反応の・ようなものはほとんど起こりません。
自分の中で植毛に抵抗があるという方は一度植毛について知ってみるのも悪くないのでは無いでしょうか。
最先端の自毛植毛技術ならばどのような薄毛も完璧に近いクオリティで治療することができます。
そのような植毛の世界をどうかお知りになってください。
知ることで変わることは数多くあります。
全ての物事は仕組みを理解することから始まります。
仕組みを理解することでその物事に対する先入観が消え、ありのままで受け入れることが出来るようになります。

それは自毛植毛に関してもかわらないものです。
我々人間というのは偏見の生き物です。
偏見を寄せ集めたら命が芽吹いたのが人間かもしれないほどに人間は頭ごなしに決めつけるのが大好きです。
しかし、それでは何にもなりません。
自毛植毛は中々に深い歴史を持つものなのです。

移動したヘアサイクル

自毛植毛の始まりはなんと2世紀前に遡ります。
薄毛の治療のために皮膚を移植していたことに自毛植毛は端を発します。
人間の発想とはいつの時代も変わらないものなのですね。
むしろ便利な機械が無いために、発想でそれを補っていたのかも知れません。
発想というものを機械的なしゃかいというのはあまり一般的には求めていないのでしょう。
結局システムを考える人しか、発想というのは必要ではありません。
そのために、偏見という発想とは正反対のものが我々の心の中には蔓延っているのかもしれません。

現在の自毛植毛の雛形とも言える技術はなんと日本で開発されました。
しかし、開発時期がとてもタイミングとして良いものではありませんでした。
それは第二次世界大戦中の研究だったのです。
そのためにその研究は凍結されてしまいます。
しかし、その植毛技術は素晴らしいものであるとして、海を超えたアメリカで研究が続けられることになるのです。
当時のアメリカというのは人口毛植毛全盛期でした。
しかし、当時の人口毛というのは現在と比較してかなり粗悪なものでした。
そのために、日本で開発された自毛植毛技術にアメリカの研究者たちは興味をもったのです。
自毛植毛の一番のメリットはメンテナンスの必要が無いということです。
ウイッグやかつらと違い、定期的な調整を必要としませんし、人口毛のように不自然に抜け落ちることはありません。

ヘアサイクルというのは髪の毛を語る上では非常に大事な概念となります。
そのためにまずはその仕組みを理解していくとしましょう。

AGAを例に上げますと、前頭部や頭頂部のが薄くなっていく傾向にあります。
しかし、側頭部や後頭部の髪の毛というのは一切影響がない場合が多いです。
AGAというのはそのような頭頂部や前頭部の髪の毛のヘアサイクルを乱す働きを持っているのです。
そのために、自分の中のヘアサイクルに干渉したいと考える人がほとんどでしょう。
しかし、ヘアサイクルに干渉するのは簡単なことではありません。
時期が過ぎてしまえばヘアサイクルは元には戻らないかもしれませんし。
そういった長期的なヘアサイクルに干渉するのは不可能かもしれませんが、自毛植毛はヘアサイクルが正常な髪の毛を植毛します。
その場合にはヘアサイクルについての心配は必要ありません。

別にヘアサイクルなんかどうでもいいから、かつらでいいよ。という方もいるでしょう。
しかし、自毛植毛は一度きりの施術で済ませることができます。
コストも長い目で見た場合には必ず自毛植毛に軍配が上がります。

コンテンツ一覧

青いカプセルを持っている男性

「植毛で、髪がある喜びを再びあなたに。植毛はリスクが少ないもの。」のコンテンツ一覧です。

read more »

リスクを考慮しなくても

白い錠剤を持っている手

AGAを始めとした薄毛を薬で治療する場合というのはどうしてもそこに医薬品のリスクというものが発生してきます。場合によっては性機能が低下することなどもあるために少しリスクが伴います。植毛はノーリスクで行えますよ。

read more »

その植毛の理由とは

大量の青いカプセル

自毛植毛を志すきっかけになったこととは一体何でしょうか?その多くがおそらく自分の見た目に自身がなくなってきたからでしょう。我々は自分の見た目にまで気を使って生きなければいけない不自由な生き物なのです。

read more »