自毛植毛が織りなすもの | 植毛で、髪がある喜びを再びあなたに。植毛はリスクが少ないもの。
menu

自毛植毛が織りなすもの

倒れている黄色いケース

自毛植毛には興味があるけど、その実態というのは一体どういったものであるのか何一つ理解していない人というのは多いことでしょう。
そんな自毛植毛の「現在」とはどのようなものなのでしょうか?
FUE法と呼ばれるその自毛植毛技術はとても信頼性が高く、リスクも低いものとなっています。

FUE法の最大の特徴はメスを使用しないことです。
従来の自毛植毛法というのは、後頭部を薄く切り取りそこから毛株を採取することで自毛植毛に使う毛株を得ていました。
そういった従来の自毛植毛技術では、後頭部に白い線上の傷が入ってしまいます。
しかし、FUE法であれば傷跡を残すことがありません。
FUE法はパンチと呼ばれる極細のストローのようなもので頭皮から毛株をくり抜きます。
それを繰り返していき、自分の気になるところに植毛していくという方法です。

そんなFUE法にもデメリットは少なからず存在します。
そのひとつに発毛率が安定しづらいということがあります。
生え残った毛の中にも健康のばらつきはあります。
ひとつの毛株から何本も毛が生えている毛株もあれば、一本しか生えていない毛株もあります。
FUE法では毛根を確認して髪の毛をくり抜くことすらできないために仕方ないでしょう。
傷跡が気になってもいいという方はメスを使う従来の自毛植毛技術を試すのも悪くない手段であるようには感じます。