リスクを考慮しなくても | 植毛で、髪がある喜びを再びあなたに。植毛はリスクが少ないもの。
menu

リスクを考慮しなくても

白い錠剤を持っている手

AGAの治療薬である「フィナステリド」と「ミノキシジル」には極稀に重篤な副作用を招くことがあります。
男性ホルモンに働きかける医薬品を服用するために、そこに存在する男性機能そのものが重大な被害を受けてしまう可能性が否定出来ないのです。
そのために、自分の中でそのリスクリターンについて悩みながらAGA治療にあたるというのはあまり建設的なことでは無いように感じます。
そこで発生するリスクをもし引き当ててしまった場合の結果があまりにも受け入れれるものではないからです。

そのために自分の中でそのリスクリターンを考慮した薄毛治療の道というのを天秤にかけてみるのはいかがでしょうか?
それが自毛植毛です。
自毛植毛は従来の人工毛植毛と違い、自分の髪の毛を使って植毛を行うという点が非常にリスクの低いものとなります。
というのも人工毛というのはあくまで髪の毛を模したものであって髪の毛ではないのです。
そのために毛穴に汚れがたまり、頭皮の痛みなどを引き起こす可能性があります。
頭皮の痛みだけでなく、人工毛というのは通常の髪の毛とは比べ物にならないほど早く抜け落ちます。
結局は代用品でしか無いのです。
しかし、自毛植毛というのは自分の髪の毛の生える場所が変わっただけに過ぎないために、定着率というのは非常に高いものとなります。
そのために自毛植毛のリスクリターンというのは非常にコスパが良いように感じます。